Press "Enter" to skip to content

距離やサイズは特に重要!?倉庫のチョイスの仕方

自宅や事務所からの距離は重要

倉庫にて在庫確認や入出庫処理といった作業を行う際、その作業に至るレスポンスの早さは受注や適切な荷物管理において大変有利に働く事でしょう。ですからそれを扱うスタッフが普段から詰めている事務所や自宅からのアクセスが短時間で済めば済む程便利であるというのは当たり前ですよね。仮に倉庫を事務所と別途に設ける際、そのロケーション選びは慎重にしたいところ。多少規模的に不満があっても、より短時間でアクセス出来る倉庫を選ぶべきなのです。

耐用年数を見越し損の無いチョイスを

倉庫物件を選ぶ際、その構造的・素材的な劣化具合を確認しないで決めてしまうのは間違いでしょう。購入・契約した直後に重大な劣化が見付かったとして、それを莫大な費用を掛け補修しなければならないのは他でも無い、自分自身なのです。出来れば仲介業者の案内時においても案内通りに確認するのは止め、気になった部分は自分自身の目でその都度チェックしていきたいところ。もしくはベテランの不動産鑑定士にも同行してもらう等、少しでも安全な倉庫を選べる様取りはからうべきですよね。

保管する荷物に則した倉庫かどうか

倉庫のサイズや構造等、自分が扱いたい荷物の内容がそれにマッチしているかどうかチェックするというのは、倉庫選びにおいて基本中の基本と言うべきものでしょう。特に重大なのは倉庫のサイズ。極端な例で言えば、多数の大型家電を保管しておきたいのに家庭用物置き程度のサイズの倉庫を選んでしまえば全く荷物が入らず、目的が果たせませんよね。倉庫内のレイアウト次第で荷物の形状に関する問題はある程度クリア出来るものですが、それらの根本的なサイズは変えようが無く、それゆえ倉庫のサイズ的な余裕は大きなポイントとなってくるのです。

物流とは、商品などを生産者から消費者に届ける間の物とお金の流れを言います。商品などを保管したり運搬したりすることを示す場合もあります。倉庫業や物品運送業などで説明されます。