Press "Enter" to skip to content

引っ越しの荷解きは荷造りの仕方で難易度も変わるのです

引っ越しが決まったら何から手をつけようか

引っ越しが決まると家の中に在る荷物を少しずつまとめておく必要が在りますね。これは荷造りと呼ばれているもので、段ボールに家財道具を整理しながら詰め込むことになるわけです。冷蔵庫や洗濯機、テレビなどの家電品は引越し業者の人が傷がつかないよう、毛布などを包んで輸送してくれるので、引っ越し前日や当日に準備を行えば良いわけです。尚、段ボールに物を詰める時にはポイントが在り、ポイントを掴んで掴んでおくことで荷解きする時に楽になるのです。

引っ越し業者から貰う段ボールの種類

引っ越し業者に依頼をした場合、大小の段ボールを20~30枚ずつ貰えますが、2つのサイズは上手に使う事が大切ですね。大きなサイズは重量が比較的軽いもの、小さなサイズは重量が在るものを詰めて行くことがコツで、大きなサイズに大量の書籍を詰めてしまうと荷造りした箱を移動するのも大変な事になりますし、底が抜けてしまう事も在るので注意が必要ですよ。また、同じようなものは同じ箱に入れておくと荷解きする時に便利で、テレビ、エアコンなどリモコン類、AVケーブル類などは一つの箱に入れておけば荷解きする時に探す事も無くなるのです。

頻繁に利用する物と使ってない物

頻繁に利用するものを先に詰めてしまうと段ボールを開けて取り出さなければならなくなります。そのため、引っ越しの荷造りの基本は普段利用している物は後回し、季節物などを最初に詰めて行きます。食器類なども引越しが決まった段階で必要最小限の食器を使うようにしておけば、先に詰め込んでおけるのでお勧めです。また、箱には何を入れてあるのかを解るようにしておくこと、直ぐに使う物と使わない物を明確にしておくことが引越し先での荷解きを楽にしてくれますよ。

不用品の回収の業者に依頼をするにあたり、前もって見積りをお願いすることで、具体的な予算の計画を立てることが出来ます。